【名入れ可能】<SURUN>純銅製 バターナイフ  ゴールド/シルバー【メイド・イン・ツバメ認定商品】【新潟県燕市】【職人のまち】【熱伝導】【溶かして切る】【カチカチバター】【冷蔵庫から出してすぐ切れる】



硬いバターが「するんっ」と切りやすい!熱伝導率の良さを生かした純銅製バターナイフ



銅の熱伝導の良さを生かした、純銅製バターナイフです。硬いバターを「するんっ」と切ったり、削いだり。
 
冷蔵庫から出したばかりのバターは、とても硬くて上手に切ることができません。
このバターナイフがあれば手の熱でジワっと溶かしながら切ることができますのでストレスなくバターを切ったり、削いだりといったことができます。

手の平全体でしっかりと馴染み、手に収まりやすいサイズにデザインされており、
カチカチに固まったバターを、手の平から伝わる体温で溶かしながら削りとる、切ることができます。

バターナイフの先端部分を薄くすることでバターを薄く削りやすく、角から塊を切り出すのも楽に出来ます。




銅を100%とした場合の熱伝導率の割合です。
カトラリ―に一般的に使用されるステンレスと比べると10倍を優に超える熱伝導率です。
熱伝導率の良いアルミよりもさらに良い熱伝導率であります。
まさに銅はバターナイフに適した素材です。




純銅バターナイフ<銀メッキ>

純銅バターナイフ<金メッキ>

made in Tsubame 
【メイド・イン・ツバメ認証マーク取得商品】
新潟県燕市で生産された製品の原産地と品質を「燕商工会議所」が審査・認証を行い、認定された製品です。


職人の町 新潟県燕市の「ものづくり」
400年前の「和釘鍛冶」に始まって、江戸中期の間瀬銅山の開発に端を発する「鎚起銅器」の製作のほか携帯筆記用具としての「矢立」、喫煙用具の「煙管」、切削用具の「鑢(やすり)」などの製造が盛んに行われた。和釘の衰退、洋食器の台頭へと幾たびかの危機に出会いながら、そのたびに変革を成し遂げ現在の燕の産業がある。
「職人の町」として職人が切磋琢磨し、新しい商品を常に製造・開発している。

燕の「ものづくり」は職人から職人へ
一つの製品に多くの工場が関わっており、各工程ごとに一つの技術を極めた職人がものづくりに携わっております。まるで燕の町が一つの大きな工場のようです。


【名入れ可能】<SURUN>純銅製 バターナイフ  ゴールド/シルバー【メイド・イン・ツバメ認定商品】【新潟県燕市】【職人のまち】【熱伝導】【溶かして切る】【カチカチバター】【冷蔵庫から出してすぐ切れる】

メーカー:アサヒ
型番:SRN-12S/SRN-12G
JANコード: 4995284508877
4995284508860
価格:

1,650円 (本体 1,500円)

購入数:

カラー

在庫

購入

ゴールド【SRN-12G】

在庫あり

シルバー【SRN-12S】

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

■ 商品説明

材質:銅/仕上げ:金メッキまたは、銀メッキ/商品サイズ(全長)・重量:139mm・26g

■ 商品仕様

製品名<SURUN>純銅製 バターナイフ  ゴールド/シルバー
型番SRN-12S/SRN-12G
JANコード 4995284508877 / 4995284508860
メーカーアサヒ



【商品仕様】
SRN-12S SURUN バターナイフ(シルバー) JAN:4995284508877
SRN-12G SURUN アイスクリームスプーン(ゴールド) JAN:4995284508860
●材質:銅(銀メッキ/金メッキ)
●商品サイズ:約 全長139mm
●商品重量:約26g
●パッケージサイズ:約171×92×0.9mm
●パッケージ入り重量:約42g
●日本製

※カトラリー単品(箱もの以外)での包装・のしは承っておりません。

スプーンの名入れに関しては →こちら← をご覧ください。

関連商品

ページトップへ